注意することの最近のブログ記事

ミネラル系サプリメントの副作用

point300.jpgサプリメントでミネラルを取り入れたいという場合、副作用の心配はどうでしょう。ミネラルのサプリメントにも、飲み過ぎによる副作用への注意が必要です。食べ物に含まれる栄養素は、5つに分類することができます。糖質、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルの5つです。3大栄養素の食べる量を比較すると、日本は先進国の中でも多いようです。反対にエネルギーを消費するための運動が不足しており、体調を整える役割のあるビタミンやミネラルは不足しがちだといいます。

食事からビタミンやミネラルを摂取することはできますが、バランス良い食事毎日することは、現代人にとってなかなか難しいことです。サプリメントを使えば、足りなくなりやすいピタミンやミネラルを気軽に補給することができます。ビタミンやミネラルをサプリメントで補給する時には、飲み過ぎて副作用が出ないようにしましょう。ミネラル系の栄養は、過剰摂取による弊害があるものは少なくありません。

ビタミンA、ビタミンD、ナイアシン、葉酸、カルシウム、鉄、リン、マグネシウム、ヨウ素などです。カロチンとレシノールを多く含むビタミンAを飲み過ぎると、レシノールが過剰になる恐れがあります。この場合、吐き気や発しん、頭痛などが起きます。乳幼児がビタミンDを長期間大量に摂取するとカルシウムが血管壁や臓器にくっついて毒性が表れることがあるようです。ナイアシンの過剰摂取による副作用は皮膚のかゆみだそうです。ミネラル系のサプリメントを摂取する場合には副作用が起きないように摂取量には十分注意しましょう。

ビタミンのサプリメントによる副作用

ビタミンサプリメントを使うことに、副作用のリスクはあるでしょうか。サプリメントは何種類かありますが、ビタミンサプリメントを使う人は多いようです。ビタミンは人間の体にとって非常に大切なものですが、実は過剰に摂取すると害になる場合があるのです。ビタミンを取り過ぎる時に起きる身体的な不調とはどのようなものでしょう。ビタミンは、油に溶けるものと水に溶けるものがあります。水溶性ビタミンはビタミンB群やC群などで、大量に摂取しても不要な分は尿と一緒に排出されます。脂溶性ビタミンはビタミンA・K・D・Eなので、体に吸収されやすいという特徴があります。

体の外に出て行きにくいために、たくさん摂取しすぎると過剰摂取になりかねません。脂溶性ビタミンをたくさん摂取すると、実際に人間の体にはどんな影響が出るのでしょう。ビタミンAを摂りすぎた時には、めまいや嘔吐感、頭の痛みなどのトラブルが起きるといいます。ビタミンE が多すぎる場合には、カルシウム沈着による細胞の硬化などが起こります。脂溶性ビタミンでなければ過剰に飲んでも大丈夫ということはありません。

水溶性ビタミンでも10ミリ以上を一日に摂取すると、吐き気や下痢などになるといいます。ビタミンというと体に良いというイメージがあり、サプリメントでついついたくさん摂りすぎてしまう傾向があります。たくさん摂取すればよいというわけではありませんので、副作用に注意しながらサプリメントを摂取するようにしましょう。

サプリメントの副作用

近年では、サプリメントを使用する人が増加傾向にあるようです。サプリメントは軽い気持ちで体に必要な栄養が補充できるもので、現代人の食生活をサポートします。サプリメントは薬ではなく食品ですので重大な副作用はないと思われていますが、実は副作用が起こる場合もあるので注意が必要です。サプリメントの副作用は様々ですが、代表的なものはビタミン過剰症です。

水に溶けるタイプのビタミンなら、一定量以上は体外に出されます。脂溶性のビタミンA、ビタミンD、ビタミンKなどは、脂肪組織への粘着性が高いので注意が必要です。一部のミネラルにも過剰摂取の危険があります。サプリメントでミネラルを摂取する場合には、バランスが大事になってきます。栄養バランスの偏りがないように、摂取量については気をつける必要があります。サプリメントを使っている人の中には、病院から処方された薬がある方もいるでしょう。

医薬品との組み合わせによっては、副作用が起こる場合があります。ビタミンCサプリメントを摂取しながら、鉄排泄剤を使っていると、尿路結石のリスクが高まるといいます。ビタミンEは、血流を改善する働きのあるものですが、サプリメントで血栓防止薬や抗凝固剤などと一緒に摂取すると出血傾向が高まることがあるといいます。他にも薬との組み合わせによって重大な副作用が起こるサプリメントがありますので十分に注意しましょう。