妊娠中の最近のブログ記事

妊娠中の葉酸サプリメント

妊娠中にサプリメントなどで摂取したい栄養素に葉酸があります。葉酸はビタミンB群のひとつであり、サプリメントのほかほうれん草やブロッコリーなど緑黄色野菜だけでなく、大豆やレバーにも含まれています。とくに葉酸の摂取が必要だと言われているのは、妊娠してから3ヶ月目までの妊娠中です。妊娠がわかってから摂取するのではなく、できれば意識して妊娠可能性がある女性は葉酸を摂取するのがおすすめです。葉酸は妊娠中にだけ必要になる栄養素ではありませんので、普段から葉酸サプリメントを使っているという人もいるようです。



栄養素の中でも葉酸が関係しているのは、たんぱく質や細胞の合成です。流産予防や子宮内壁の強化、受精卵を守る効果もあるといいます。葉酸不足は胎児の成長に障害が出る可能性があり、胎児の神経管欠損という先天異常リスクを高めます。大幅に胎児の神経管欠損が、欧米では葉酸の摂取を推奨したことで減少したのが実際のところです。



1日あたりの葉酸の必要摂取量は、妊娠中は400μg、妊娠していなければ240μgだそうです。葉酸サプリメントの使用を最近は、産婦人科でも妊娠中の推奨しているところがあるそうです。抵抗感がサプリメントにあるなら必要なのは食品から意識して摂ることですが、サプリメントを使えば可能になるのが、効率的に葉酸を体内に補充することです。

妊娠中のビタミンサプリメント

妊娠中のビタミンは、母体の健康維持のため赤ちゃんの発育のために欠かせない栄養成分です。赤ちゃんの発育のためにも、妊娠中だけでなく授乳期もしっかりビタミンを摂取してください。十分に食事からのビタミン補給ができないない場合は、サプリメントの活用をするのが良いようです。簡単すぎて飲み過ぎてしまう場合があるようで、サプリメントを使えば効率的に栄養摂取ができますが注意が必要です。



手軽に複数のビタミンを摂取したい場合に便利なのは、マルチビタミンのサプリメントです。妊娠中に摂取するには多い成分が含まれている場合もありますし、妊娠中ならもっと摂取したい成分というものもあります。中途半端な量を摂取するよりは、それぞれのビタミンサプリメントで摂取量を把握しながら体内に取り入れるといいでしょう。ビタミンAとビタミンDは、たくさん摂りすぎると赤ちゃんの成長に悪い影響が出る可能性があります。



栄養素の中でもビタミンAとDは脂溶性であるため、体内に蓄積されやすいといいます。体内に蓄積されやすいことが原因で、過剰摂取の弊害がサプリメントの使い方によっては出る場合があるといいます。毎日たくさんのレバーやうなぎを食べていると、サプリメント以外でもビタミンAが妊娠中の体に過剰に蓄積されることもあるので注意しましょう。

妊娠中のカルシウムサプリメント

妊娠中は特にサプリメントなどで意識してカルシウムを摂取したいものです。カルシウムは骨や歯を作る栄養素として知られていますが、骨や歯以外にも血液や体液、神経などの組織にも広く含まれています。



お腹の赤ちゃんは体を作るために、胎盤を通して体の成長に必要なカルシウムを受け取っています。栄養素がたくさんある中で、鉄分とカルシウムは特に日本人に不足気味な栄養素だといいます。確実にカルシウムを摂りたいのが妊娠中で、自分だけでなくお腹の赤ちゃんのことも考えましょう。



非妊娠時の1.5倍である1日900mgのカルシウムを、妊娠中は摂取しなければなりません。妊娠中は腸管からのカルシウム摂取量が増えるので、無闇にサプリメントなどを増やす必要はありません。1日に必要な量をきちんと摂ることは大前提です。最近では、様々なカルシウムサプリメントが販売されています。まず基本的には栄養を摂取するのは食事からで、足りない分を補うために使うのがサプリメントです。食事がサプリメントを使っているからとおろそかになっては、反対に悪影響ではないでしょうか。カルシウムを人間は体内で作ることは不可能です。カルシウムの補給を必ず何かの形ですることは不可欠です。効果的に妊娠中毒症に関するトラブルを軽減するといわれているのが、カルシウムのサプリメントだそうです。