貧血の最近のブログ記事

サプリメントを利用して貧血の改善を

a0800_000400.jpg

サプリメントなどを利用して、貧血を改善するために鉄分を摂取することは大切です。サプリメントで鉄分を補給する際には注意しなくてはならないことがあります。



鉄分を摂取する時は、鉄と結びついて吸収を妨げるお茶のタンニンを避けましょう。タンニンを含有するお茶を飲む時は、鉄分を摂取する前後1時間以上は時間をあけましょう。コーヒーをつくる時はお湯の温度を80℃~90℃にします。お茶は1煎目だけ、蒸らし時間は60~90秒に抑えることでタンニンの少ないお茶を飲むことができます。タンニンの摂取量を抑えるには、二煎目は控えましょう。サプリメントの他に摂取するものに気を配ることも、貧血にならない体質づくりには欠かせないでしょう。



炭酸飲料も控えることをお勧めします。鉄欠乏性貧血とは別に、悪性貧血という貧血があります。悪性貧血は、ビタミンB12やビタミンBの仲間である葉酸の不足で起こります。血液中のヘモグロビンがうまく作れず、血液が酸素を運びにくくなって貧血になるとされています。悪性貧血の場合、サプリメントでヘモグロビンを作りやすい体質を作ることがまず重要だといいます。鉄分さえ摂取すればどんな貧血でも改善するということではありません。どうして貧血になるのか確認することで、症状を緩和させるためのサプリメントが何かがわかります。

貧血で悩んでいる人にサプリメント

貧血でお悩みの人にはサプリメントがお勧めです。貧血の原因は鉄欠乏性貧血、悪性貧血、慢性感染症による貧血、悪性腫瘍による貧血の4つに大きく分けることができます。 医療機関での治療が必要な貧血は、慢性腫瘍や慢性感染症が原因の背景にある場合です。サプリメントを利用しても貧血の症状が変わらないという人は、医療機関で貧血の原因にを特定してもらうことが必要です。



大多数の人は、鉄欠乏性貧血によって貧血の症状が出ています。サプリメントで鉄を体内に補給することによって貧血になりにくくなります。食材の中には鉄を含むものは少なくないので、食事メニューを工夫すれば鉄の摂取はできますが、毎日継続することは大変です。鉄分は単体では吸収が非常に悪く、アミノ酸などと結合している状態であるキレート加工されてないと無意味です。



せっかくサプリメントで補給しても吸収されないまま排泄されてしまうことになります。大抵の場合、鉄分を吸収することで貧血の緩和することを目的としているようです。サプリメントの選択時には、体内に吸収しやすい鉄分を見極めることが大事になります。また、貧血の解消には、鉄分だけでなくビタミンCを併用することが推奨されています。鉄分とビタミンCをサプリメントで効率良く摂取することで、貧血の症状への対策をしてください。